ビジネスコンセプト

 

ユーザーとITシステムのかけ橋となります
1

 アルレシアは、金融機関の合併システム統合プロジェクト、リスク管理システム構築支援、内部統制におけるシステムリスク監査方針策定等に関する豊富な実績をベースに、業務分析ノウハウ、システム開発経験を生かした、お客様にとって最善のシステム構築・運用保守の支援をいたします。

システム開発では、ユーザーのニーズと開発者との間に認識のギャップが生ずるのが常です。

ユーザーは、「システム化したい業務について、要件をシステム部とITベンダーへ提示した。打合せを行い、要件も伝えている。あとは、専門のシステム部署とITベンダーに任せて、完成を待つだけだ。」と思います。

一方で、システム部門とITベンダーは「開発依頼があり、要件を伝えられたので、それに従ってシステム提案を行い、了承されたのでその通り開発しよう。」と思います。

どちらも間違っていませんが、実態としてはユーザーの期待する開発が行われることは少なく、ユーザーは不満を持ちながらシステムを使用し続けるケースが多発しています。

アルレシアは、これまで金融機関を中心に、開発目的と関連する業務の分析を徹底し、それを踏まえ、ユーザーと開発者の「架け橋」役として高い評価を得てきております。ユーザーとITシステムを結ぶ「架け橋」役としてのコンセプトを前面に、システム開発プロセスにおいて、ユーザーが後悔しないシステム開発の実現に向けた取り組みを行っております。

また、開発を伴わないIT導入、整備に関しても同様のコンセプトにより、ITコンサルティング等を実施しております。

 

Print Friendly, PDF & Email